×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肩こりの原因を解明する


左右の肩甲骨は骨盤の動きと連動して、閉じたり開いたりしている。骨盤が閉まると左右の肩甲骨の間隔が狭くなり、骨盤が広がると左右の肩甲骨の間隔が広がる。

ご存知のように肩甲骨は肩こりや目の疲れと密接な関係がある。肩こりに関係する筋肉は三角筋と僧帽筋である。僧帽筋は三角筋の働きを助けるために肩甲骨を安定させている。この三角筋と僧帽筋などの肩甲骨周辺の筋肉が緊張するとたちまち肩こりを感じるようになる。

そこでできるだけ肩甲骨回りの筋肉をゆるめることが大事になる。筋肉をゆるめる方法はいろいろあるが、簡単なストレッチや気分転換などの休息をとる事で充分に回復する。基本的にその都度対応をしていれば、肩こりはこじれることはない。筋肉は使った後が一番緩む性質がある。ほどよく肩甲骨を使い、あとはリラックスすることが肩こり予防には最適である。

肩こりに大きな影響を与える肩甲骨だが、実は骨盤と密接な関係がある。